2007年02月24日

宇美八幡宮へ。

昨日少し書きましたが、宇美八幡宮へ行ってきました。

安産と育児の神さまとして、信仰されている宇美八幡宮。
妊娠したらぜひ行きたい!と思っていた神社です。
(妊娠前にもちょくちょく行ってましたが…)
巨木があって、静かで、カシスの好きな神社の1つ。
宇美八幡宮は福岡県糟屋郡宇美町にあります。
「宇美」の地名も「産み」に由来しているんだそうです。

ここには、「子安の石」という変わった風習があります。
たくさん積み重ねられた石には、赤ちゃんの名前や住所が
書いてあるのですが、この石を預かって持ち帰るのです。
無事出産したら、もう1つ別の石を用意して、赤ちゃんの
名前・住所・生年月日を書いて、預かった石と一緒に
またこの場所に奉納する…というものです。
安産菌のついた石みたいなものでしょうか。
だから、こんなにたくさんの石があるのですね〜。

子安石

たくさんの石

境内にはたくさんのご夫婦や妊婦さんがいました。
みんな一生懸命、どの石にするか選んでるようで…。
案の定、カシスもすごく悩みました。
石には体重や、生まれた時間、「安産でした」という
メッセージ、親から子への願いなども書かれていて、
つい読んでしまう。

ネットで調べたら、男の子がいいなら男の子の石を、
女の子がいいなら女の子の石を…と書かれていたり、
はたまたその逆で男の子の石だと女の子が生まれる
という説もあったりして、軽く混乱。
カシスは健康ならどっちでもいいと思ってるんですが、
それでもなんとなく迷ってしまいますね(笑)

結局、丸くて形のいい、シンプルな石を選びました。
H14年生まれの男の子の石です。この子にあやかって、
元気な子を出産できますように。
無事出産して、石をお返しできればいいなと思います。

あ、帰りは「子安餅」を買って帰るのを忘れずに★

子安餅
【関連する記事】
posted by カシス at 11:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 体験レポ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!宇美八幡宮って福岡にあるんですか?
大分の宇佐八幡宮しか知らないもので。

九州はまだ行ったことないんですよ。ここ北の方からははるか遠すぎて、きっと行けないでしまうかも。

こちらにはあまり有名な安産子宝の神社神宮ってないんですよ。
ところでこの餅おいしそうですね〜。
Posted by Satton at 2007年02月24日 17:40
Satton様

宇美八幡宮、福岡の「宇美町」ってところにあるのですよ〜。
ちなみに宇佐八幡宮にも行ったことあります。
(残念ながら工事中でよく見れなかった)
ここの子安餅は、太宰府天満宮の「梅が枝餅」に
似てます。おいしいですよ♪

Sattonさんは北のほうの方なのですね。私は逆に
北へは行ったことありません。あこがれるんですけどね〜。
Posted by カシス at 2007年02月26日 00:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。